So-net無料ブログ作成

社会人のための歌舞伎入門 [live]

私の記憶の中で、初めての歌舞伎公演を見てきました。
場所は国立劇場の大劇場。
国立劇場も初めて、歌舞伎も初めてでございます。

さて、今回の演目は「平家女護島-俊寛- 鬼界ケ島の場」で、俊寛は松本幸四郎さん。
9月、10月と続けて幸四郎さんの舞台を見るとは・・・。

劇場に入るとき、解説本を配ってくれます。
これには、演目の説明や配役、脚本や歌舞伎用語まで載っていて、ビギナーにはとても勉強になりました。
で、「この社会人のための~」は演目が始まる前に解説があるんですが、念のためというより、せっかくなのでイヤホン解説も借りてみました。

さて、19時になると解説の松本錦弥さんが花道から競りあがって登場。
歌舞伎の説明から、演目の内容紹介、舞台転換や音響などの説明を優しく丁寧に説明してくれます。
私、歌舞伎俳優のみならず、日本の伝統芸能を継いでいる人たちの話し方が大好きです。
一通りの説明が終わり、松本錦弥さんが舞台からはけるとともに、左耳に装着したイヤホンからは「おまたせをいたしました」と解説の始まりです。

この解説、始まりの頃は目と耳のどっちに重点を置いていいのやら、または左と右のどっちの耳を集中させるべきかと悩みましたが、舞台を見ていくうちに気にならなくなりました。
というか、解説、面白いです。
浄瑠璃、衣装の説明から舞台装置の話、そして、俳優の見せ場の説明などなど。
「松本幸四郎の名演技、とくとご覧ください」といった感じ。

そんな解説に「ほー」「へー」「はぁー」「ふーん」と、はひふへほなため息ばかしの私でしたが、演目も本当に面白かったです。
笑いあり、涙ありの人情もので、最後の場面ではちょっとうるうるしてしまいました。

そして、お約束の幕(定式幕と言うらしい)が横からさ~っと出てきて終幕。
歌舞伎って、カーテンコールないんですね(笑)

国立劇場は、思ったよりも広くなくって舞台が近い!
だもんで迫力満点でした。

普通に見に行くと結構お高い歌舞伎ですが、この「社会人のための~」は1等席でも5000円で、19時スタート。
歌舞伎、行きたいけど高いし長いし・・、という人には絶対にお勧め。
社会人のためのとありますが、別になんのチェックもしていないので、どなた様も入れるんではないでしょうか。

私が行った日は空席もちらほらあって、当日券を購入されている方も結構いました。
思い立って歌舞伎っていうのもちょっとおしゃれですよねぇ。
11月、12月も演目は変わりますが開催されるようなので、チェックしてみてくださ~い。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 4

lucksun

この催し、興味深いですね。
価格もお手ごろで行きやすそう♪
実はわたしも歌舞伎は未経験でして……。
勤務先が歌舞伎座にめちゃ近いところなのに、
開演時間が微妙でなかなか機会に恵まれないんですよね。
今後の演目、チェックしてみま〜す!
by lucksun (2007-10-16 01:18) 

sicca

lucksunさん、こんにちは!
これ、興味深いでしょう~♪(笑)
歌舞伎に行くってなると、着ていくものやらなんやらと、
小心者の私は色々考えちゃうので、良いきっかけになりました。
しかも、配役は豪華ですし、得することはあっても損はなし!
11月、12月の演目も面白そうですから、是非是非~♪
by sicca (2007-10-16 09:10) 

lucksun

ふたたびお邪魔しま~す。
12月公演「松浦の太鼓」見てきました。
すーごくおもしろくて、これからちょいとはまりそうです。
教えていただいてありがとうございました!
記事を書いたのでTBさせてください♪
by lucksun (2007-12-23 03:34) 

sicca

lucksunさん、こんにちは!
12月の公演、いかれたんですね~。
私も気になっていたんですが、
すっかり忘れていました(笑)
堪能されたようで、良かったです!
後ほど、お邪魔しに参りま~す。

コメント、ありがとうございました。
by sicca (2007-12-26 10:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。