So-net無料ブログ作成

出雲・松江へ行ってきた。(2日目) [trip]

6時過ぎに起きて、まずは朝風呂へ。
宍道湖が見渡せるお風呂ですが、まだ夜明け前のため暗い・・・。
左の方がうっすら明るくなった頃、お風呂を上がって身支度をして朝食へ。
ホテルの朝ごはんは洋定食、和定食とバイキングを選択できます。
バイキングは混みあうかもしれませんと言われていたので、洋定食に。
パンだけど、名物のシジミ汁は付くみたい。
これが、すごーくおいしい♪
席も混みあうことなく、ゆったりと食事することができました。

さて、本日は参拝ツアーの日です。
まずは徒歩で松江しんじ湖温泉駅へ。
モダンな作りの駅舎です。

そこに待っていたのは、黄色い可愛い車輌。

外側にも内側にも宍道湖の生物が描かれていて、なかなか素敵。
この一畑電車で宍道湖沿いに走って川跡まで行き、そこで出雲大社へ行く電車へ乗り換え。
一畑電車の車窓から~♪

乗り換えは線路を渡って向こう側の電車に乗ります。
そして、終点の出雲大社駅。
待合いの場所は天井が高くて素敵なシャンデリアとライトがありました。

外観はこんな感じ。

出雲大社の鳥居まではこんな道。

そして到着。じゃーん!

木の鳥居ですよ!

鳥居をくぐるった先の道。

残念ながら、遷宮のため拝殿はブルーシートで覆われてました。
私たちはご祈祷の受付をしてもらうために、左側にある建物へ。
そこにはかなりの人が待っていたので、2,30分待つことを覚悟しましたが、名前を書いているときに
「今受け付けている人たちまでで」という声が。

受付終了すると、すぐに「みなさんと一緒に移動してください」とのこと。待ち時間0分!
浄掛を掛けて仮拝殿へ。
そこは真新しくとても広かった。
椅子がずらりと並んでいて、驚き。
しばらくすると、太鼓が鳴って笛の音が!
宮司さんと巫女さんがやってきて、ご祈祷が始まりました。
一人一人の名前と住所を読み上げてくれるのは、やっぱり嬉しいものですね。
歳は言わなくていいと思うけども・・・(笑)

全て終わったあとお札と御神酒を頂き、外へ。
ここからがご祈祷をした人たちだけが入れる「おにわふみ」です!
帽子や上着を脱いで、本殿へお参り。
ここにお参りできるだけでもご祈祷した甲斐がありました。
まぁ、ちょっと大勢だったので、静かにというわけに行かなかったのが残念でしたけど。

このあと、本殿の外をぐるりと一周。
本殿の後ろ側。

そして、神楽殿へ。
やっぱりこの注連縄はすごーい・・・。
圧倒されてしまいました。
斜め下から。

正面から。

この後、いい具合に力の抜けた通行量調査員のイかしたバイトのお兄ちゃんから、島根県の観光についてのアンケートをとられ、粗品の鉛筆2本を頂きました。
鉛筆2本。
家には化粧品用のシャープナーはあるけど、鉛筆用のはないなぁ・・・。

さて、次なる目的地に行くには多少の時間があるけど、お昼を食べるほどの余裕はない。
ということで、近所を散策。
そこで発見。和菓子屋さんの高田屋さん。
看板には羊羹と書いてあったので、おそらく羊羹が一押しなんでしょうけれど、私はあまり好きではないので、生菓子を頂きました。
店頭の右側に座れるスペースがあったので、そこにちょっとお邪魔を。
私は梅の形の練りきりを。

上品でしつこくなく、とてもおいしかったです。

そして、一畑バスに乗って、一路出雲市駅へ。
そこからまたバスに乗って、須佐神社へ出発!
須佐神社へは出雲須佐のバス停からタクシーで。
タクシーはバス停目の前にあるスサノオタクシーを使うほか手段がないんですが、ここは2台しかないんです。
なので、あらかじめ予約をと思って電話をかけてみたら、今日は1台しか運転手がいないので、予約は受けられないとのこと。
それなら仕方ないと、とりあえず向かってみることに。
バスの中は須佐神社へ行きそうな人が数人。
彼らとタクシー争奪戦か?と思いつつ、終点に到着。
残った乗客は私たちを含めて6人。2+2+1+1といった具合。
負けちゃならねーとばかりにタクシーまで闊歩!
そして、運転手らしき女性に声をかけてタクシー確保!
そのころにこちらへ女性2人組みが向かってきたので、声をかけて一緒に向かうことにしました。

運良くタクシーは神社前で待機してくださることになったので、のんびりとお参り。
須佐神社は、なんというか潔く逞しいといったイメージでしょうか。
大きくないのにどっしりとした感じがします。

裏の大杉。根っこのところを触ってきました。

横を流れる川。ずーっとさらさらと水音がしているのも気持ちが良かった。

正面から。

お参りに行くときの空。すじ状の雲が珍しいと運転手さんが言ってました。

なんだかパワーをもらった感覚になったので、お守りをいただくことに。
色々なことから守ってくれそうな気がして・・・。

帰りも4人でバス停まで戻り、同じバスで出雲市駅まで。
JRを使って松江駅まで戻ります。
さー、次は松江市営バスに乗って、八重垣神社に!

じゃーん!
ここが女子率の高い八重垣神社です。

お参りも重要ポイントですが、ここの目的はもう1つ。
有名な鏡の池での占いです!

この山道を通って、鏡の池まで行きます。

歩きながら取ったのでブレまくり・・・。

脇には紅梅が咲いてました。

池はこんな人だかり。

この池に占い用の紙とコインを置いて、占いをするんです。

15分以内に沈むと近いうちに、15分以上だとまだ先の話で、池の淵に近いところで沈むと身近な人、遠いところだと遠方の人に縁があるということです。
他の人の結果も見えちゃう中でドキドキしながら待っていると、意外と早くに沈みました。
友人と共に10分以内で池の底へ。
2人とも淵からほとんど動かない場所でした。
この結果、近いうちに身近な人とと言う結果になるんでしょうけれど、どうなんでしょうねぇ。
当たるも八卦、当たらぬも八卦。
かなり楽しめたので、興味ある方は是非。
ところで、この紙に書かれた言葉、人によって違うものが書かれています。
私の悩み事・・。何が解決するんだろう(笑)

またまたバスに乗って、松江駅まで戻ります。
帰りのバスで、小腹が減ったのでこれを食べました。

開けるとこんな形

お味は2種類。チョコとプレーン。
どちらも普通でした。
これも昨日のチーズケーキと同じKAnoZAのものです。

これにて参拝ツアー終了!
意外とスムーズに回れたので良かった~。

さ、今夜の夕飯については、また次回に。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 2

lucksun

出雲&松江に行かれたんですね!
実は父の実家が出雲で、松江は親戚がうじゃうじゃ
住んでいるものですから、親しみのある場所なんです。
いちばん最近行ったのが、かれこれ6年前なので、
写真を拝見して懐かしく感じました。
てか、一畑電鉄の駅ってこんなにキレイなの!?
それと、八重垣神社は初めて知りましたが、
おもしろそうなところですね。
ここらへんを行動するときはだいたい(当然だけど)
身内の団体行動になるので、楽しげな場所は
あまり行ったことないんですよね。
こんど旅行するときの参考にさせていただきます〜ん。
by lucksun (2008-02-15 17:46) 

sicca

lucksunさん、こんにちは~!
お父様のご実家が出雲なんですね!
いいなぁ。素敵なところですよね。
一畑電車の駅は、モダンで驚きました。
駅舎と車輌のギャップが素敵♪
八重垣神社は、私としてはイベントとして出かけたんですが、
楽しかったですよ~。
お時間あるときは、是非。
松江からバスで20分ちょいくらいでした。
私は地元の方がお出かけされる場所(主に食べ物関係)を
教えていただきたいですぅ(笑)。
出雲&松江はまだまだやり残したことがたくさんあるので、
また出かけたいと思います!

nice&コメント、ありがとうございました~!
by sicca (2008-02-19 10:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。