So-net無料ブログ作成
検索選択

御蔵島2009 [御蔵島記]

前記事で島へ上陸したところをお知らせしましたので、今回は旅の内容を。

この旅、かなりの強行スケジュールでした。
7/20の夜に竹芝を出発し、7/22の夜に竹芝へ戻るという、船中1泊、島1泊の3日間。
島1泊で行く人って、かなりたくさんいらっしゃると思いますが、ハードですねぇ。

さて、その7/20ですが・・・
案の定、天気が不安定になりました。
夕方、恐れていた電話を着信。
まずは、イルカウォッチングの船頭さんから。

「今夜出る船は恐らく御蔵に着けるけど、帰りの船が出るかどうか微妙なところ。
どうします?」

一緒に行く友人と相談してからお返事します、と一旦電話を切りました。
そして友人に電話。
最悪帰りが延びてもどうにかなるかってことで、ギャンブルです!
行っちゃえー!と決定。
船頭さんに島へ向かうことを連絡したら、「あ、そうですか、わかりましたぁ」というお返事。

その電話の30分後、今度は宿から電話。

「天気微妙ですけど、どうします?
ちなみに、明日の夜泊まる予定だったお客さんはキャンセルされてますけど」

ギャンブルで行くことを伝えたところ、笑いながら、

「では、明日の夜はお客様たちだけになります」とのこと。

ま、それはそれでのんびり貸切ってことよね?
そんな感じで竹芝桟橋へ行き、かめりあ丸へ乗り込みました。

船頭さんの読み通り、早朝6時に無事御蔵へ到着!
無事に上陸できました。
ってとこまでが、前記事の写真までのお話。

そして、待ちに待ったイルカウォッチング♪
毎回お世話になっているのは海豚人丸さん。
サークル的なノリが苦手な私には、かなり居心地のいい船です。

8時に港を出発し、桟橋の左側へ向かいます。
思ったほど波は高くなくって、たまに降って来る雨が顔に当たって痛い・・・。
10分ほど経つと、前方に背びれを発見!
そこからがすごかった。
わーーーーーーってくらいの大きな群。
「準備できたら、入っていいですよぉ」の声で、海へ!

う・・冷たい。
と感じたのも束の間、あっというまにイルカたちに囲まれました!
前も後ろも右も左も、そして下にも!
左後方からぐいん!と迫ってきたり、前から来たと思ったら急旋回したり。
右から、下からと大忙し!
あそぼー、あそぼーって言ってくれているようで、必死に目を合わせながら泳ぐのに精一杯!

あぁ、もっと泳ぎが上手かったら・・ごめんよ、ごめんよ。
そんなことを思いながらも、楽しいったらありません。
イルカの声やクリック音を聴きながら、夢中で泳ぎました。

写真も撮るのを忘れちゃうくらいに大興奮です。
DSC02835.JPG

笑ってないらしいんですが、笑ってるように見えますよねぇ?
DSC02837.JPG

こんなにたくさんのイルカとこんなに遊んでもらったのは、今回が初めて!
港に帰る船の上でも、にっこにこでした。

しかし、、、
午後から海は悪くなり、午後のウォッチングは一緒に泳ぐことが出来ませんでした。
イルカの群には会えたけど、海の状態が悪くて、入れない・・・。
なので、イルカとは別に穏やかな場所でスノーケルして遊びました。
ごろたの海底には、カニがたくさん。
そして、藻を食べる海がめ。
泳いでるのを撮ってみました。


優雅に気持ち良さそうに泳ぎますよねぇ。
羨ましい・・・。

そして、次の日の朝、船は欠航し八丈島へ行ってしまいました。
外は雨、風、そして雷!
もう、嵐です。
午前中に予約していたイルカウォッチングも中止です。
おまけに日食ウォッチングも中止です。
日食グラスまで用意して行ったのに・・・。残念。

でも、というのも変ですが、海に落ちる雷を見ることができました。
稲光が真直ぐ下に落ちてくのは、綺麗でしたねぇ。

そんな御蔵の海のお話でした。

次は御蔵のグルメです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。