So-net無料ブログ作成
検索選択

夏休みの話 その9 いろいろな風景。 [trip]

さて、最後にNYCで撮った色々な風景を。

たくさんの犬たち。

ブルックリンのわんこ。
dogs1.JPG
飼い主さんが呼んでも、リードを引っ張っても、全く動かなかった頑固者。

dogs2.JPG
おじいちゃまと一緒にお散歩している姿がかわいかった。

セントラルパークのわんこ。
dogs3.JPG
イケメンな雰囲気の飼い主さん。

dogs4.JPG
パピーウォーカーさんのお仕事中。

これは・・・
elmo.JPG
わんこじゃないです。

セントラルパークで行きたかったところ。
imagine.JPG
思ったより大きかった。お花は無かったけど、天気が悪くても立ち止まっている人は結構いました。

angel.JPG
ドラマ版「エンジェルス・イン・アメリカ」の冒頭に出てきた像。


お土産いろいろ。
miyage1.JPG
おさんぽツアーの時に寄った、「ジャックトーレス」のチョコ。

miyage2.JPG
お約束のロゴバッグ。でも、結構おしゃれ。

miyage4.JPG
季節的に、ハロウィンのカードがたくさんありました。

miyage5.JPG
小さなカードのセットをかわいくラッピングしてくれました。
ただ、スーツケースでつぶれちゃいましたけれど…。

miyage3.JPG
METのミュージアムショップのグッズ。マグネットがかわいい♪

以上です。

長々と思い出話をしていまいました。
やっと終了。
この記事を読む度に、初めての一人海外旅行のことを思い出すでしょう。
次はどこに行けるかな~??

夏休みの話 その8 ブロードウェイでミュージカル! [trip]

さて、「アレ」の話。
そう、NYに行くとしたら、やっぱりミュージカルなわけです。
今回はミュージアムとミュージカルが目的の旅でしたから。

行く前に、何を観るのか、チケットはどうやって手配するのが一番いいのかと、いろいろ調べました。
やはり、メジャーなディズニーものか、日本で上演されている本場ものか、それともまだ日本に来ていないものを観るか…。

夜な夜な調べてまくった結果、やはりトニー賞を受賞したのがみたいなと思いまして、必ず観ようという1本を決めました。

それは、「ビリー・エリオット」。
映画「リトルダンサー」のミュージカル版です。
この年のトニー賞を受賞した作品とあって、ディスカウントチケットの情報はなし。
調べてみたところ直接劇場に行って、買うしかないようです。

そしてNYに到着するまでの間、もう1本観たいなぁと思い始めてました。
日本で観たことのある、「ライオンキング」とか、「オペラ座の怪人」や、[CHICAGO」、観てはいないけど、「マンマニーヤ」とか?
うーん。
観たいけど、イマイチピンとこないなぁ。
ということで、やはり前の年にトニー賞を受賞した、「イン・ザ・ハイツ」に決定!
こちらは「TKTS」で売っているとの情報あり。

1本目は「イン・ザ・ハイツ」を観に行くことに。
まずは、タイムズスクエアにある「TKTS」に並んで、チケットを購入。
30%オフで買えました。
ついでに、「ビリー・エリオット」の劇場へ行って、翌日の夜のチケットを購入。

そして、ぶらぶらと歩いて劇場へ。
ブロードウェイでミュージカルを観るのはこれで2回目。
前回も思ったけど、それほど広くないんだよね。
ステージまでが近く感じる。

内容は、マンハッタンの北に住む、ヒスパニック系コミュニティのお話。
友情や家族、幼馴染との恋の話や、自分の将来への不安などを描いたもの。
まぁ、30%ほどしか理解できていないと思うんですけれどね。
でも、ラテンの音楽に合わせたダンスや、ヒップホップダンスなど、もう、素晴らしいんですよ。
ちょうどこの夏、日本に来てるので、是非観に行ってほしい。
私も理解できてない部分を補う為に、行こうかなぁと思っているところ。
intheheights.JPG

そして、もう1本の「ビリー・エリオット」。
日本で調べていたとき、かなりチケットが取りにくいと聞いていたけど、前日でも買えました。
で、今回のちょっとした目的。
若干、コスプレと言われそうですが・・・。
着物でミュージカル」です。

自然史博物館から戻ってきて、ざっとシャワーを浴びて、必死に着付けをしたら、ギリギリの時間!
歩いて劇場まで行こうと思ってたけど、地下鉄に変更。
そしたら、乗客のアジア系の若い女性から「一緒に写真撮って」ってお願いされてしまった。
衣紋が抜けてないみっともない着方だったけど、なんだかとても喜んでくださっていたので撮ってもらいました。
その写真、今はどこでどうなっているんだろう…。

劇場に着いたら、まだ開場しておらず、みんなが並んでました。
開場後、席に案内してもらう。

「リトルダンサー」が結構有名なので、ストーリーは知っている方は多いと思います。
不況の炭鉱で働く家族の次男坊、ビリーが主人公です。
男くさい父親と兄、家族思いのおばあちゃんと暮らすビリーが、バレエと出会って才能を伸ばしていくというストーリー。
笑って、泣けて感動するステージでした。(30%の理解でも)
子供たちがね、本当によく踊るんです。本当にうまいんです。
こちらも日本で上演してほしいけど、どうだろう・・・。
子役がたくさんいるから、来日公演って難しそうだよなぁ。
日本で配役となると、あの世界観が失われそうだし。
でも、こちらも観て欲しいお勧めステージです。
DVC00587.jpg

さて、コスプレの反応。
少しながらもありました。
若干の注目と、どっかのおじさんが「びゅーてぃふる!」と言ってくれました。
自己満足の為に着ただけでしたが、嬉しかったです。衣紋が本当に心残り。
次回は、もっと美しく着たいと思います!
DVC00588.jpg

そんなこんなでNYの最後の夜は更けていきました。
翌日は早起きして空港へ行き、中のダイナーで朝食を食べました。

あぁ、短かったな。
本当に楽しかった。
また、絶対に来ます。
ありがとう、NYC!!

・・・、そういえば、彼はどうなりましたかね?
ライバルのネイキッド・カウガールってのが出てきて、訴訟を起こしたってニュースを見たんですけど。
naked.JPG

夏休みの話、最後はおまけの写真です。
あと1回だけ、つづきます。

夏休みの話 その7 ミュージアム・ホッピング! [trip]

半年ぶりの更新ですね。
ようやく環境が整ってまいりましたので、また更新していきたいと思います。
よろしくお願いします。

さて、やっと続きが書ける、NYCのお話。
今回は、メトロポリタン美術館です。
広い、広いとは聞いていましたが・・・。
想像以上の大きさでした。
met.JPG

ここはこの時期限定のお楽しみがあります。
それは、屋上庭園。
専用のエレベーターで屋上に上がると、セントラルパーク越しに見える古い建物の数々。
roof1.JPG
マンハッタンには、本当にさまざまな風景がありますね。

この屋上には、どでかい、触ってもいい彫刻作品があります。
今回飾ってあったのはこちら。
roof2.JPGお日様の光を反射させて、とてもきれいです。
これ、何?と聞かれると困りますが、芸術作品なわけです。

さて、館内ですが、じっくり観ていると本当に時間を忘れます。
ゴッホの自画像を(もちろん本物)こんなに間近に観られるなんて…。
しかも、写真を撮ってもOKだなんて。
あぁ、感動ですよ。

特別展示のフェルメールとか、ウォーホールとか、イサム・ノグチとか。
本物は迫力が違います。
ウォーホールの毛沢東は、ちょっと怖いと感じてしまったほどです。
そんなことをしていたら、あっという間に6時間!!
中のカフェでお昼を食べたとしたって、思った以上に滞在してしまった。
それでも足りないのに…。
また次回に取っておきます。

そして、出たところでお約束のこれ。
DVC00586.jpg
ホットドッグ!!
食べたい、食べたいと思いつつ、横目で見ていたのです。
ここなら、他の観光客の方々と一緒になって並べました。
おいしいかどうか…まぁ、アメリカの味です。
まっきっきになったマスタードですが、それほど酸味も辛みも感じませんでした。
次はおいしい屋台を探すことにします。

さて、このMETがある通りは、別名ミュージアムマイルとも言われていて、たくさんの美術館や博物館があります。
カーネギーの生家を改装した「クーパー・ヒューイット・ナショナル・デザイン・ミュージアム」。
DVC00589.jpg行った時は、展示品を変更中だったので、限られたところしか見ることができませんでした。
それでも、お屋敷の雰囲気は伝わったし、ミュージアムショップがおしゃれです。
日本のデザイナーのものも置いてあったりして、ちょっと嬉しかったり。

そして、有名な「グッゲンハイム美術館」。
DVC00590.jpg
中はこれからパーティが開かれるようで、準備に忙しそうでした。
この美術館の中は撮影禁止。
撮影しようとしたら、セキュリティに怒られちゃった。
外の形そのままに、カタツムリのようにらせん状になっている道に沿って絵が飾ってあるので、面白いです。
ここのミュージアムショップは、この建物をモチーフにしたものがたくさん置いてあります。
私もカレンダーを買いましたが、海外のカレンダーって日本じゃあんまり役に立たないんですよね。
祝日違うし…。
ま、記念ってことで。

セントラルパークを挟んだ反対側には、「アメリカ自然史博物館」があります。
Natural History.JPG

入ったところのホールには、「ナイトミュージアム」で有名な、骨の恐竜がいます。

ここにもいろいろな展示がされていますが、恐竜などの太古の生き物のフロアが思いのほか楽しくて、かなりの時間を割いてしまった。

そして、どうしても、ここで観たかったものがあるんです。
それは、実物大のシロナガスクジラ。
懐かしの「BANANA FISH」で出てきて、見たくて見たくて仕方なかった。
あぁ、やっと出会えました。
どーん!
Whale1.JPG

暗くてぼけぼけになってしまいましたが、大きさわかりますか?
Whale2.JPG

こんなに大きいのか。
イルカでビビってる場合じゃないな。
クジラを観たいという気持ちが強まりました。

マンハッタンには大きさだけでなく、種類もたくさんの美術館や博物館があります。
ブルックリンやクイーンズなど、範囲を広げればもっともっと!
あぁ、時間がないのが悔しい。

さて、続いても今回の旅の目的だった、アレの話です。
なので、続きます。

夏休みのお話 その6 一人でおさんぽ [trip]

チェルシーマーケットで解散した後私が向かったのは、今回の目的の一つでもあった、「グラウンド・ゼロ」です。

すでに復興の工事が始まっているため、跡を見ることは叶いませんでしたが、ここにあったものが無いという事実に想像以上のショックを感じました。
グラウンドゼロ.JPG

以前来た時も近くで観たわけではないので、どれだけ大きかったのかという記憶は無いけれど、午前中のツアーでブルックリンブリッジを渡っているとき、ガイドの方がツインタワーのあった場所と大きさを説明してくださって、それが崩れ落ちたという事の大きさを今さらながら実感。

WTCの横にあるセント・ポール教会にも立ち寄りました。
ここはあの日以降、行方不明になった方達の情報を求める写真や、メッセージなどが柵いっぱいに貼られた教会です。
中に入ると、メモリアルの品々がたくさん置いてありました。
上にも書きましたが、テレビの映像を見ているだけでは感じられないものを感じ、見ることができなかったことを少しだけ見られたような気がします。

ロウアーマンハッタンを後にして、ビレッジにやってきました。
ここはやっぱりここですよ。
ワシントンスクエア!
ワシントンスクエア門.JPG

この噴水も有名ですよね~
ワシントンスクエア噴水.JPG
天気が良くて、やはりたくさんの人がのんびりとしてたり、子供たちが駆けずり回ってました。

ちょっとここで一休みをしてから、お土産を探すお買い物をふらふらと。
立つ前にガイドブックでチェックしておいた、このお店。
SABON
サボン.JPG

イスラエルの死海の塩を使ったバスアイテムがたくさんあります。
日本では東京と大阪にあるようですね。
石鹸もおいしそうにディスプレイ
サボン石鹸.JPG

ここで、わたくし、ボディスクラブを購入。
小さいサイズと大きいサイズとあって、荷物のことを考えて、小さいほうを手に取ったんだけど、お店のお姉さんが大きいほうが
「大きいほうがお得よ!あなた次第(It's up to you!)」
と言われ・・・。
大きいほうを買いました。だって、お得なんだもの、本当に。

他にもなんだかんだと買ったお店の紙袋をぶら下げて、一度ホテルへ戻ることに。

そして、コロンバスサークル近くにある、タイムワーナービルへ。
この中にあるホールフーズマーケットで部屋での食べ物探しです。
アメリカで何が美味しいって、オレンジジュースだと思うんですよ。
でも、種類も色々あり過ぎて、良く分からないのでトロピカーナにしちゃいました。
トロピカーナにしても、繊維がたっぷり入ってるのと、ちょっと入ってるのと、入ってないのとがあって、ちょっと入ってるのを選択。
他にもヨーグルトを数種類購入して、部屋まで歩いて戻りました。
ビルの前にはイエローキャブと騎馬警官が。
キャブと騎馬警官.JPG

重い荷物を抱えてホテルに戻り、買ってきたばかりのオレンジジュースをぐびぐび飲んだ後、お風呂にゆっくり浸かってこの日は休みました。

日本から持ってきた歩数計を見てみると、なんと28000歩以上歩いてました!!
歩けるもんですなぁ。

次は最大の目的地、METです!

夏休みのお話 その5 おさんぽツアー ミートパッキング~チェルシーのお話。 [trip]

ご無沙汰しました。

おさんぽツアー、最後のお話は、数年前から話題のミートパッキングエリアです。
元々、精肉工場の跡地だったところを開発し、素敵なレストランやおしゃれなカフェやクラブなどがあるところです。

恐らく、盛り上がるのは夕方以降なんでしょう。
道にはあまり人はいませんでした。
工場跡.JPG

この辺りをちょっと歩いた後、今年オープンしたという、ハイラインを渡ります。
ミートパッキングエリアからチェルシーマーケットまで続く廃線を再利用したプロムナードです。
ハイライン①.JPG

線路をそのまま残した形で、操車場のイメージでわざと雑草が生えているような感じで作られているそうです。
チェルシーに向かって歩いていると、左側にはニュージャージーが見え、河を走る帆船もいたりして、優雅な気分。
ハイライン②.JPG

数メートルおきにベンチとテーブルがあって、ニューヨーカーが思い思いにランチを取ってるのが印象的。
しばらく歩いていくと、最終地点のチェルシーマーケット。
ここも最近オープンした話題のスポットです。
ブラウニーで有名なお店や、地元のテレビ局などが入っているところです。
この建物、元々ナビスコの工場だったところをそのまま再利用しているので、こんな壁画がありました。
チェルシーマーケット.JPG
左側、分かりにくいかもしれませんが、オレオの広告なんです。

おさんぽツアーはこのチェルシーマーケットを一通り見たところで解散。
きっと一人じゃ行かないところや、思いつかないところを案内してもらえて、とても得した気分になれるツアーでした。
ブルックリンに行くにしても、まさか橋を歩くなんて思いつかないことでしょう。
次の旅行のための目次を作ってもらったような時間でした。

今度行くときは、もう少し歩き回りたいと思います。

長々のおさんぽツアーのお話は、これにて終わり。
次は、一人でおさんぽになります。

夏休みのお話 その4 おさんぽツアー、ノリータ~ソーホーのお話 [trip]

さて、ブルックリンのダンボから、地下鉄に乗ってマンハッタンへ戻ります。

地上に上ると、そこはノリータ。
丁度、サンジェローナというお祭りの最中で、メインストリートには出店がいっぱい!
でも、そこはやはりNY(アメリカ?)。
お昼の12時以降じゃないとオープンしないみたい。
ちぇっ。おいしそうな看板がいっぱいあったのに・・・。

悔しいので、教会だけ撮りました。
リトルイタリー教会.JPG

ノリータにある、素敵なギャラリー
ノリータギャラリー.JPG
お肉屋さんだったところをギャラリーとして使っています。
以前は、奥がアトリエ兼住居だったそうですが、現在はギャラリーと事務所になっていました。
鉄板?を使った作品なのに、温かくて素敵な作品がたくさん。
次回、もっとゆっくり、じっくり見たいと思います。

ノリータの街並みは、時間帯の影響もあるかもしれませんが、あまり人がわんさかいないので、落ち着いてます。
ノリータ1.JPG
お仕事車はたくさんいましたけど。

そのまま散策を続けると、ソーホーになります。
この辺りには、キャスト・アイアン建築の建物が並んでいて、なんだかいい感じ。
ソーホー.JPG
外にある非常階段が、なんともいいですよねぇ。

このあたりに来ると、人通りが多くなってきました。
ここには有名はデリ、「DEAN & DELUCA」の本店があります。
こっそりと店内の写真を。
ディーン&デルーカ.JPG
あ!
店員さんがこっち見てた・・・。
だって、かばの形のカラフルクッキーがどうしても撮りたかったんだもの。

さくさく歩いていても、素敵なお店がたくさんありますね~。
寄り道したい・・・。
ソーホーショーウィンドウ.JPG

ちょっと入ったお店の中には、ダチョウが水飲んでました。
ダチョウ.JPG

駆け足気味で歩いた、ノリータ~ソーホーでした。

またこれから地下鉄に乗って、最後の散策地点へ。

ので、もうちょっとおさんぽツアーの話は続きます。

夏休みのお話 その3 おさんぽツアー、ブルックリンのお話。 [trip]

時差ぼけなく眠り、一夜が明け・・・。

この日は日本で申し込んでおいた、「NYのおさんぽ」ツアーに参加です。
このツアーはNY在住のカメラマンと一緒に、ブルックリンやチェルシー、ノリータ地区などなどを数回地下鉄に乗りながら、基本的には歩いて回るというもの。

集合場所はグランドセントラル駅の中央時計前。

早速、地下鉄に乗って行ってみました。

はぁぁぁ、でっかい駅だね~。
天井高いし。そこには星座の絵が描かれてる。
なんだかどきどきしてしまって、全く写真を撮りませんでした。

さぁ、ツアーの始まりです。
まずは地下鉄に乗って、ダウンタウンへ向かい、ブルックリンブリッジへ。
なんと、そのブルックリンブリッジを歩いて渡ってブルックリンの、今注目のダンボ地区へ行くのです。

この日はいい天気で、橋がとても綺麗です。
ブrックリンブリッジ1.JPG

橋の真ん中からマンハッタンを撮ってみた。
ブルックリンブリッジ2.JPG

橋の左側にはマンハッタンブリッジが。
ブルックリンブリッジ3.JPG

橋を渡り終えると、車道にはこんな看板がありました。
ブルックリン標識.JPG

そして、ダンボ地区の石畳の先には、こんなに素敵なものが見えるんです!
ダンボ1.JPG
分かりますか?
マンハッタンブリッジの橋脚の間に、エンパイアステートビルが!!
ここはガイドのカメラマンさんのおすすめポイントでした。

この方向に向かって歩いていくと、マンハッタンブリッジの真下に広がるといった感じの小さな公園がありました。
だもんで、下から橋を撮ってみた。
マンハッタンブリッジ.JPG

石造りのブルックリンブリッジとはまた違った迫力のある橋ですよね。
対岸のマンハッタンとブルックリンブリッジ。
公園からブルックリンブリッジ.JPG

公園はのどかで、のんびりしてて、磯の香りもしちゃったりして。
ツアーじゃなければ、もう少しのんびりしたいところでした。

さて、続いて案内してくれたのが、話題のチョコレートショップジャック・トーレス」
ジャックトーレス.JPG

こじんまりした店内には、色々なチョコレートがたくさん。
ここで、スパイシーなホットチョコレートを試飲させてくれました。
シナモンや胡椒などが入ってる大人向けのホットチョコレートで、私は美味しかったです。(好き嫌いがありそう)
ここで、自分用のお土産を買って、また街散策。

こんな建物があったり、
カラフルな建物.JPG

こんなものがいたり、
木彫りの熊?.JPG

お仕事中の消防士さんも。
消火栓チェック.JPG

河を渡るだけで、こんなに雰囲気が変わるんですね。
同じNYなのに。
ブルックリン、もっと色々と歩きたかったですが、ツアーは次の場所へ。

ということで、続きます。

夏休みのお話 その2 [trip]

今回からは、ちゃんと旅のお話を。

飛行機は格安の直行便。
おかげで4泊6日ですが、最終日は帰るだけの日程となってしまいました。
航空会社はコンチネンタル。
そのため、ニューアークのリバティ空港発着です。
憧れ(?)のJFK空港はまた次回にとっておきます。

突然ですが、今回の旅のテーマは「チャレンジ!」です。

ということで、まず始めのチャレンジは、空港からホテルまでどう行くか、です。

出発前に色々と調べ、時間的に早いらしい電車で行くことに。
到着ターミナルから無料のモノレール「エアトレイン」に乗って、ニュージャージートランジットステーションまで。
そこからNJTに乗り換えて、ペンシルヴェニア駅まで行くルートです。
料金は$15。

このNJT、なんとも「世界の車窓から」な雰囲気の電車でした。
乗った途端にあの主題歌が頭の中を流れましたよ。
でも、初めて乗る電車に緊張しっぱなし。
ペンシルバニア駅は終点なので、何をしたって連れてってくれるんですけどね。
無事に駅に到着。
お世話になった電車がこちら。
njトランジット.JPG

しかし、このペンシルヴェニア駅で最大の難関が・・・。
ホームから上に上がるエスカレーターが全部止まってる!!
エスカレーターがただの階段に。
大きいスーツケースを持って、階段を登らなくてはいけないとは思ってもみなかった。
これ、たまたまなんでしょうか・・。

軽く手に豆を作りながら、地上へ上がると、あぁ、NY!
ペンstaから.JPG
目の前はホテル・ペンシルヴェニア。

ここから地下鉄でホテルまでということはせず、楽にタクシーでホテルまで向かうことにしました。
乗ったタクシーの運転手さんはトルコ出身だそうで、陽気な人で、色々と話しかけられる。
チャレンジ、チャレンジ。
カタコトで会話をしながら、目的のホテルまで無事到着。料金、チップ入れて$10。
いやぁ、怖そうな人じゃなくって良かった~。

泊まるホテルは「Salisbury Hotel」
ホテル.JPG
カーネギーホールの斜め前の57stにあります。
窓から.JPG
窓からの風景です。
この右上にあるレンガの建物がカーネギーホール。

マンハッタンのホテルはどこも狭いと聞いていたし、一人で使うから期待してなかったんですが・・・。
入ってみてびっくり。
キッチン.JPG
簡易キッチンのあるダイニングと

入って左側にいくと
リビング.JPG
大きな液晶テレビソファのあるリビング。

キッチンの右側に行けば
ベッドルーム.JPG
セミダブルが2つ、ゆうゆうと置いてある広々したウォークインクローゼット付きのベッドルーム。

・・・

ここに1人っすか?

わーい。
広々、贅沢~。
荷物を広げても広げても邪魔じゃない~。

適当に片付けた後、地図を確認してからちょっとタイムズスクエア近くまでお散歩してきました。
タイムズスクエア2.JPG
地下鉄にチャレンジ!といきたいところでしたが、今回は徒歩で。
46st辺りまでは15~20分程度で行ける距離なので、本当にぷらっと。

本当に来ちゃったんだなぁと実感し始めたところで、続く・・・。

夏休みのお話 その1 [trip]

だいぶ、だいぶ、ご無沙汰しておりました。
気がついたら、3ヶ月近くお休みですね。スミマセン。

さて、およそ1ヶ月前に夏休みを取って旅行に行ってきました。
今回は船で行く場所ではございません。

ベイブリッジ.JPG
ベイブリッジを渡って・・・

飛行機の窓から.JPG
飛行機に乗って・・・

タイムズスクア.JPG
ちょっとNYまで。

若干・・・いや、かなり衝動的に行き先を決めて、初めての一人海外旅行でございます。
今まで、現地で待ち合わせってことは数回ありますが、旅行期間中も含めて全て一人の海外というのは初めて。

ことの起こりはパスポートの更新をしたってことなんです。
たまたま休日出勤の代休で平日に休みをもらえたので、ずっとほったらかしておいたパスポートを更新しようじゃないかと。
同じ日に休みだった友人とお散歩がてらパスポートセンターまで行ったんですが、そこでしばし考える。
パスポート申請に必要な書類ってなんだ?
私、お財布しか持ってきてない・・・。(大馬鹿者)

慌てて必要書類を確認。
あぁぁぁぁ・・・。
戸籍抄本が必要とな!!
一旦、退散じゃ!!

ちょっと恥ずかしげに、パスポートセンターを出て、さて、戸籍抄本を取りに行かなくては。
ラッキーなことに、パスポートセンターと区役所は近くにあります。
本籍も他県ではないので、すぐに取ることができました。
今って、印鑑必要ないんですねぇ、助かった。

そして、再度パスポートセンターに出戻り、手続きをしました。
またここで発見。
今って葉書も必要ないんですね・・・。
私の情報って何年前?
っていうか、行く前に確認しろってことですよね。
はい、気をつけます。

次回のために、必要なものを。(その間に法改正などで変更がなければ)
・身分証明書
・戸籍抄本/謄本
・パスポート用写真

そんなこんなで無事にパスポートゲット!
IC対応となりました。

パスポートを取ったらさ・・・
やっぱり海外に行きたくなるってもんでございましょう?
と、いうことで、行ってきました。

ね、衝動的。

つづきます。

プチリゾートへ [trip]

ちょっと前、わたくしの誕生日でした。
それをきっかけとして、近場のリゾートへ行ってまいりました。

まずは、江ノ島を過ぎて
DSC02740.JPG

熱海港まで。
河津桜がとても綺麗でした。
DSC02746.JPG
DSC02745.JPG

そこから「イル・ド・バカンス Ⅱ世号」に乗って、初島へ!
この日の海は、若干波が高かったです。
ちょっとだけ揺れてましたね。
乗り物好きの私としては、楽しかったですけれど。

無事に初島へ到着し、お迎えのバスへ乗り込みます。
そう、今回私が滞在するのは、「XIV初島クラブ」です♪
素敵~♪
バスに乗ること数分。
大きなホテルに到着です。
チェックインは熱海港で済ませていたので、ルームキーを用意して頂き、お部屋へ。
そこはとってもひろ~いお部屋。
なんと、ウェルカムフルーツまでありました!!
DSC02765.JPG
きゃっほーい!

さて、お夕飯については別に書きますが、とっても美味しいイタリアン
食べ過ぎましたよ。
レストランから戻ってきた後、しばしゆっくりしてからお風呂です。
美肌効果のある、しょっぱい温泉
遠くに伊東の町並みを見ながら入れる温泉はとっても気持ちが良かったです。
いつまでも入っていられる気分でしたが、いい加減に指がしわしわになってきたので、やむなく上がることに。
そこで用意されていたフルーツを頂きました。
どれも熟していてとっても美味しい♪
幸せな気分のまま、翌朝へ。

せっかくの温泉ですからね、朝日を見ながら露天風呂に入らなくっちゃいけません。
前日の夜はあまり混んでいなかったお風呂も、朝は予想通りに人が多かったです。
お風呂からは朝日がギリギリ見えるといった感じでしたが、朝の空気の中で入るお風呂はまた良いですよねぇ~。

お部屋からの朝の風景はこんな感じでした。
夜明け前の伊東の町並み
DSC02768.JPG

朝日に霞む大島
DSC02771.JPG

お風呂に入ってお腹がすいたので、朝ごはんを食べに1階のレストランへ。
和洋中のブッフェです。
メニューはかなり豊富でした。
DSC02772.JPG

デザートコーナーにくずきりがあって、それ用の黒蜜があったからところてんにそれをかけて食べようかと思ったんですが、ところてんが入っているボール自体がすっぱそうなので、諦めました。

そして、チェックアウトまでの時間はお部屋でまーったりと過ごし、港までのバスが出る間まではホテルのカフェでお茶をしました。
そこではいちごフェアが開催中。
紅ほっぺを使ったスムージーとストロベリーミルクパフェが一押しメニューのようです。
もう、頼むしかありません。
ってことで、これがストロベリーミルクパフェです。
DSC02774.JPG
いやっほーい!

紅ほっぺ、うんまーい♪
ミルクとイチゴのジェラート、最高~♪
あっと言う間に食べちゃいました。
うふふ。

チェックインからチェックアウトの間、ホテルを出ることなく過ごし、ホテルを満喫した旅となりました。
熱海から30分ほどの島ですが、船でしか行けないってところに魅力を感じてしまいます。
船らぶ、島らぶです。

また行きたいなぁ。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。